購入実践者の感想と結果 - 続木和子の【14日間集中!生理痛・子宮内膜症改善 通信講座】

サイトマップ

続木和子の【生理痛・子宮内膜症改善 講座】では、薬も使わず自分で自宅で健康的に治してしまう方法を解説しています。

購入実践者の感想と結果 - 続木和子の子宮内膜症改善

ホルモンバランスが整い、子宮内膜症が改善した喜びの声をご紹介いたします。

20年以上の子宮線筋症が・・

生理痛・子宮内膜症が治った人の画像10 工藤里佳子 様(専業主婦 47歳/宮城県)

私の場合は子宮線筋症で20代の頃から病院を転々としていました。

ホルモン剤の点鼻薬や注射を使ったり、ピルを服用するなどの擬似妊娠療法を何度か繰り返しては、病院の先生に子宮のために早く妊娠するよう勧められていました。

私の気持ちの中でも妊娠すれば生理が楽になるという意識があり、妊娠したときは高齢ではありましたが、これで生理が楽になるとほっとしていました。

ところが3人目の子供を出産後しばらくすると貧血がひどくなり、気付けば生理の時は一晩に1〜2度起きてトイレに行くようになりました。

先生のおっしゃる通り洪水のような出血でした。その時点で子宮は、リンゴぐらいの大きさになっていました。

鉄剤の服用と注射によるホルモン療法を半年続け、子宮の大きさも正常な大きさになりましたが、3ヶ月後検診に行くとまた元の大きさに戻っていました。

しばらくするとまた洪水のような状態戻ってしまいました。

そして、子宮摘出手術を勧められ不安になり、他の病院へ行きましたがそこでも手術を勧められました。そんなときにこの講座に出会い、藁をもすがる思いで取り組みました。

今まではカラダのため、子供達にスタミナをつけなくちゃとしていたことが間違いだと知ったときには、かなりショックでした。

できるところから始めようと思い、自分用と子供用におかずも2種類用意するなどしましたが、徐々に家族全体の食事を変えていきました。

はじめの2週間でまず体重が1.5キロ落ちましたが、その時の生理の状態は特に変化がありませんでした。2ヶ月ほど経ったときレバーのような塊が小さなツブツブのような形状になり、極端に量が減りました。

生理痛もかなり減り、以前の痛みが嘘のようです。3ヶ月目にはあきらかに生理の量が減っているので貧血の不安もなくなりました。

毎月毎月、生理の状態がどんどん軽くなっていきました。

講座を始めて半年になります。人よりもかなりのんびりペースで進めましたが、確実にカラダが変化しているのを感じます。ちゃんとカラダは答えてくれるんですね。

最初はこんな私のような適当な取り組みで結果がでるのか不安でしたが、始めれば必ず結果が出るんですね。今では教えていただいた知識を活かして生活するのが楽しくなりました。

これも生理が軽くなったからでしょうか。もっと早くこれらの知識を身につけたかったなぁと思います。ありがとうございました。

大きな血の塊が出なくなり、痔もうそのように楽になって・・・だらだらと長かった生理が、今回は5日でピタッと終わり驚きました

生理痛・子宮内膜症が治った人の画像11 松山千佳 様(主婦 34歳/愛知県)

はじめまして。私は第二子妊娠と同時に卵巣のう腫(8センチ大)を患い手術し、出産後に内膜症・筋腫にもかかり、この3年間婦人科通いをしています。

おまけに子宮後屈のため、生理前後と排卵前後の1ヶ月のうち20日間以上うっ血のため下腹部の張り、痛み、いぼ痔にずっと苦しみ続け、なんとか卵巣のう腫が小さくならないかと、すがる思いで内膜症・通信講座を購入しました。

実践して1ヶ月・・・・・生理痛といぼ痔でいつも2〜3日は寝たきりだったのが、まず、鎮痛剤を飲まなくても済むくらいになりました。

それと、いつも出ていた大きな血の塊がなくなった事、いぼ痔がうそのように楽になってきたことに驚きました。

しかもだらだらと長かった生理が今回は5日でピタッと終わりました。お腹の張り(うっ血による)も軽減されて、本当にうそみたいです。お肌の調子も、お通じもよく、イライラやヒステリーも減ってきたと思います。

おかげで、子供との関係も良好になり、私の笑顔と子供の笑顔と本当に、夢のような生活です。

先生に出会えて、レッスンを実践して心から感謝しています。本当にありがとうございます。

激痛だった生理も嘘のように改善

生理痛・子宮内膜症が治った人の画像12 志田府美恵 様(主婦 52歳/宮城県)

続木先生、こんにちは。そしてありがとうございます。

更年期とともに、今までに経験したことのない生理での激痛!そして下腹の痛みと張りに、どうしようかと、途方に暮れておりました。

病院では、食生活の指導、ましてや内膜症の根本原因についてなど教えてくれません。医師が進めるのは、薬か手術だけです。

患者本人の心など全く関係ありません。

この講座を読んだ時、正直“出来るかな・・・。”と思いました。ストレスから、どうしてもほしくなるのです。

でもレシピは私の大好きな物ばかりなので、あとは私が好きだった“よくないもの”をどう減らしていくかでした。はじめは、今までの嗜好も取り入れて、いろいろと工夫をしながら実践しました。

急にかえるのは、逆にストレスになると考え、できるだけ自分に無理をせずに続けられるようにと考えたからです。

そうすると、1週間を過ぎた頃から工夫要らずで、自然に飲めるようになってきました。味付けに対する味覚もさらに、変わっていきました。我慢することなく自然に!

毎日のように、“よくないもの”を食べていましたが、こちらも我慢などいっさいすることもなく、食べなくても大丈夫になっていったのです。これは私にとってはもはや“奇跡”でした!

そして、激痛だった生理も、うそのように改善し、驚いたのは、ダラダラと10日以上も続いていたのですが、出血量も少なく5日間で終わり、若い時のような感覚に戻りました。

2週間でこんなに改善するなんて、本当に目からうろこです!!

しかも身体に負担をかけることもなく、自然と楽になりました。

毎日レッスンの体操もやりました。

お腹張りが和らぎ、腰痛も楽になりました。それと、今回子宮内膜症についてよく自分に問いかけました。健康について見直すいい機会を与えていただいたと思います。

これからも毎日、食事、体操、心とバランスを考え続けていきます。この講座に出会えて本当によかったです。先生ありがとうございました。

救急車を2回も呼ぶほどの激しい生理痛が

生理痛・子宮内膜症が治った人の画像13 宮本今日子 様(会社員 40代/東京都)

1.レッスンを受講した時の状況

病名:子宮内膜症(約20年前から)

症状:激しい生理痛の痛み。ひどいときは嘔吐、下痢、貧血、失神などを伴う。

対応:鎮痛剤では効かないため、坐薬を使用。ホルモン療法を試みたが、副作用が強く、結果は出なかった。33才頃に玄米菜食や、しょうが湿布などの自然療法などを実践して、一時的に症状が改善されたが、その後7年の間、無月経など生理不順となった。

長期間無月経のあとの生理の時、生理痛はひどくなっていた。

2.レッスンを受講した理由

前々回の生理のとき、救急車を2回呼ぶほどの激しい生理痛があり、手術を考えなければならないのかという思いになり、ホームページで手術のことを調べようとしたら、続木先生のサイトを拝見した。

すぐにカウンセリングをしていただき、再び希望が持てたので、受講を申し込んだ。

3.レッスンを始めて

●20年以上もひたすら生理痛をなくすことに必死だったのに、女性ホルモンの働きなど女性としての自分の体をきちんと知らなかったことに気付かされた。

女性ホルモンのことなどを学び、これからは、自分の体に感謝と愛情を持って、病気を治していきたいと思った。

●レッスンは、14日間、毎日に学んだことについて、自分が気付いたこと、これから実践していくことを「書く」ようになっているので、それがとてもよかった。

書いてみることで、自分の状況に悲観的になったりするのではなく、冷静に前向きに対処するような思考が芽生えた。

●14日間、Eメールで、様々なトピックについて情報を与えていただき、大変参考になったし、励みになった。特に最後のEメールでは、「自分にありがとう」を言って下さいというメッセージをいただき、今までずっと苦しかったので、涙が出るくらい嬉しかった。

●この7年程マクロビオティックから始まり、食生活は気を付けていたが、「玄米は完全食だから大丈夫」という感じで、栄養素のことをほとんど意識していなかった。

レッスンで、玄米菜食一辺倒になるのではなく、女性の体の仕組みをきちんと知り、必要な栄養をとることが大切であることを学んだ。

しかし、安全な食品選びなどはかなり心掛けて実践したいたので、レッスンで何を改善すればよいか、何をプラス、またはマイナスすればよいかを学んで、これから実践していけば、病気も改善されるという気持ちになり、今まで試行錯誤ではあったけれど、健康的な食生活を目指していろいろと実践してきてよかったと、自信も与えていただいた。

4.改善された症状

前々回の生理の3日目から、レッスンを開始して、約1ヶ月後に次の生理がきた。痛みはびっくりするくらい、かなり和らぎ、寝込むこともなく、薬を使うこともなかった。連休中だったので、家で過ごしていたが、部屋の片づけや衣替えをすることさえできた。

3日目の午後には痛みは完全になくなり、買い物がてら散歩に出かけることもできた。こんなに早くレッスンの成果が出て、本当に嬉しかった。

5.気持ち・生活の変化

食事をするとき、食べ物に対する感謝の気持ちが深まった。例えば、植物が、自分の身を守るために作り出したファイトケミカルという物質が、野菜の鮮やかな色や香りを生み出して、そして、そのお野菜をいただくことによって、その恩恵をいただいているということを知り、大変有り難いと思ったし、そんな恩恵をいただいているのだから、きっと私も元気になれるという気持ちになった。

・レッスンを受講し始めてすぐに、続木先生の放射能汚染に関する講座を直接受けることができた。

例えば、なぜ、海藻を食べることで放射能汚染から身を守ることになるのかなど、科学的にきちんと学ぶことができ大変勉強になった。

今まで、食べ物がどのように吸収され栄養となるのかなど、また細胞の働きなどあまり知らなかったのだが、きちんと仕組みを知るということは面白いと思ったし、好奇心が刺激されてよかった。

・毎日3食きちんと料理をすることは難しいので、平日はお弁当を中心に、週末は夕食をメインにするなどして、料理を楽しんでいる。

また、友達にご馳走したりなど、もてなす楽しみを感じるようになった。あまり料理は得意な方ではないが、何だか料理が楽しくなってきたので、これからいろいろ新しいメニューも作ってみたい。

6.まとめ

続木先生にカウンセリングしていただいたときは、痛みもひどく、精神的にも追いつめられていましたが、おかげさまで、症状も改善され、本当に嬉しく思っています。

痛み止めがないと・・

生理痛・子宮内膜症が治った人の画像14 佐々木リナ 様(大学4年生)

私には、痛み止めの薬(Pxxx)は、本当にありがたかったです。飲むと痛みが多少はやわらぐし、飲むことで安心しました。

痛み止めの薬(Pxxx)はケースがかわいいし,薬があれば安心できました。私は、生理のない時も痛み止めを持っていました。痛み止めを持っていないと、不安で仕方がなかったのです。

最初は軽い痛み止めで良かったのですが、だんだん効かなくなってきて強い薬を飲むようになりました。

母も若い時、子宮筋腫と子宮内膜症でひどい生理痛で子宮を全部取ったそうです。その後、母は乳ガンにもなりました。それで、心配した母が「14日間集中!生理痛改善講座」を申し込んでくれました。

母も協力してくれて、半月くらいしてきた生理は軽くて、驚きました。こんなに軽い生理は、初めてです。それまでは、生理が始まる前から、いつも胃が痛くなるし、口内炎もできるし、夜もよく眠れませんでした。

でも、この講座のお陰で今回の生理はそういうことが全くなくて、信じられない気持です。この講座でホルモンのことも勉強できたし、薬を飲まなくても生理痛をなくせる自信がつきました。

4月から、社会人として生理痛を心配しないで、安心して働けます。本当に良かったです。

続木和子の画像 続木和子からの補足コメント

生理痛は、ホルモンバランスの崩れが原因です。

痛み止めで痛みを抑えても、ホルモンバランスが整うわけではありません。ホルモンバランスが崩れていれば、子宮を切除しても、乳ガンや骨粗しょう症などのリスクは残ります。

ホルモンバランスを整えることが、女性の健康のベースですよ♪

環境ホルモンで子宮内膜症に、玄米を食べても・・

生理痛・子宮内膜症が治った人の画像15 田中京子 様(30代 会社員)

マンションの隣家が室内を改装と同時に、私はシックハウス症候群を起こしました。

鼻水とくしゃみが止まらないのです。ちょうどその頃、夫が職場の事故で入院してしまい、家と職場と病院通いの生活が2ヶ月位続きました。

そうしたことが重なって、ぜん息も起きて、鼻水は垂れ流し状態でした。生理は月に2回も来るようになり、生理痛もひどくなって病院に行きますと、子宮内膜症だと言われました。

生理痛とぜんそくで日常生活ができない状態になってしまい、夫の退院後とうとう、マンションを引っ越しました。玄米食に変えましたが、その後も化学物質過敏症と内膜症の生理痛、生理不順に長く悩まされました。

友人から教えられて「14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座」の講座を受けて、「私がホルモンバランスを崩したのは、環境ホルモンが原因」と言うことが分かりました。

生活や食事などの見直しをしました。その結果、ぜんそくも改善し、生理痛もなくなって最近では「子供が生まれればいいね」と夫と話すようになりました。

続木和子の画像 続木和子からの補足コメント

もともと京子さんは、子どもの頃から、多少、化学物質過敏症がありました。これは、アレルギー体質です。

そこへ、隣室の改装による化学物質と、ご主人の入院と言うストレスが重なって、ぜんそくと子宮内膜症が起きたのです。

私たちの体は、神経系、ホルモン系、免疫系の3つの働きで保たれています。環境ホルモンは、免疫系を混乱させ、ホルモンバランスを崩して、子宮内膜症を起こします。

また、アレルギーやストレスもやはり、ホルモンバランスを崩します。

食べているのに栄養素不足で内膜症に

女性のイメージ画像 高橋 様(40代 母 )

「ちゃんと食事をしているのに、栄養不足なんてショックです。」

電話の向こうで、声がしばらく途切れました。「私は食事をちゃんと作っています。添加物にも気をつけて、生協から買っています。食事に偏りがあるなんて、思えません。かおりも食べ物に好き嫌いはないですし…。」

娘さんのかおりさん(仮)についての相談でした。かおりさんは、高校生です。中学生の時から生理痛がひどくて、痛み止めを飲んでいました。

高校生になって、かおりさんは子宮内膜症がわかり、漢方薬を飲んでいます。通学途中、痛みで倒れて最寄の駅で介抱されたことも何回か。

食事の記録を見ると、砂糖を使った煮物や肉料理、油炒めや、揚げ物が中心です。かおりさんは、朝起きるのが遅いので、おにぎりかパンだけ食べて登校します。学校帰りに友達と甘いものを食べることも多いのです。

続木和子の画像 続木和子からの補足コメント

「かおりは食事に、好き嫌いはありません。」と言われますが、好き嫌いがないように思うのは、お母さんが、かおりさんの好きなものしか作らないからです。

子宮内膜症は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンのバランスの崩れが原因です。

このホルモンバランスンの崩れは、実はかおりさんが胎児の頃にお母さんのおなかの中で始まっていました。かおりさんだけではありません。

現代の日本で、生理痛で悩んでいる女性が増えた最初の原因は、お母さんのホルモンバランスの崩れを胎児の時に受け継いでしまったのです。

さらに、偏った栄養の食事は、ホルモンバランスの崩れを一層大きくしてしまいます。

片方の卵巣を摘出したのに、また死ぬかと思った大出血で

生理痛・子宮内膜症が治った人の画像16 哲子(仮名) 様(30代 主婦)

「たった2週間でどうして?」本当に不思議で、思わず言ってしまいました。

私が内膜症で片方の卵巣を摘出したのは、10年以上前でした。その後、2人の女の子に恵まれて、内膜症はすっかり治ったのだと思っていました。

ところが、5年ほど過ぎて、死ぬかと思ったほどひどい大出血があって入院しました。また、内膜症でした。

輸血をしたり、ピルで内膜症の治療を受けたりしました。しかし、ものすごく体調が悪くて退院後、薬を一切止めました。そして、歩くことで体力をつけることにしました。

その後、体力が回復して仕事に戻り、PTAの役員でも無理をすることが多くなりました。それから半年後、またもや大出血。出血が1カ月以上も止まらず、貧血でフラフラする毎日でした。

それでも、薬の副作用を考えると病院に行く気になれませんでした。その後も、少し無理をすると不正出血が続きました。

不安になって、ネットで検索して「14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座」に申し込みました。

講座を始めて、丁度2週間で生理がきました。それが、痛みも・ひどい出血もない正常な生理だったのです。体も疲れなくなり、生理中も子どもたちに穏やかに接することが出来るようになって驚いています。

「たった2週間でどうして?」私は本当に不思議です。

続木和子の画像 続木和子からの補足コメント

※卵巣を手術で摘出しても、内膜だけこそげ取っても、ホルモンバランスが改善するわけではありません。

ホルモンバランスが崩れていると、いずれ、また、内膜症は復活します。大出血を繰り返すことは、心臓への負担も大きくなります。

ホルモンバランスを整えることが、子宮内膜症を根本的に改善することになります。

ピルやホルモン療法を繰り返しましたが

女性のイメージ画像 山田啓子 様(40代 主婦)

私は、20年以上前から、子宮腺筋症で苦しんできました。月経のたびに転がりまわるほどの痛みで眠ることもできません。

吐き気や下痢で食べ物もあまり食べられませんし、吐くので、鎮痛剤も飲めません。出血も多く、1〜2時間おきにナプキンを変えました。

がまんできなくなって、何回も病院に行ってピルやホルモン剤で生理を止めましたが、そのたびにほてりや肩こり、頭痛、不眠などで体調が悪くなりました。

そんな私でしたが、結婚して妊娠をすると、生理がとても楽になりました。ところがまた、この2〜3年、生理の出血がひどくなり貧血になりました。

ホルモン療法で、大きくなった子宮は小さくなりました。半年くらいするとまたひどい出血と痛みが戻ってきて子宮も、又、大きくなっていました。

病院では、もう年だからと、子宮の摘出を勧められました。しかし、今までも手術をしないで来たのだから、手術をしない方法はないかと思いました。

インターネットで「14日間集中!!子宮内膜症改善・通信講座」を見つけて、これなら手術をしなくても済むと、藁をもつかむ思いでした。

講座を始めて、今まで良いと信じてやってきたことが、子宮線筋症を大きくしていたことが解かってショックでした。1回目、2回目、3回目と生理のたびに生理の量が減り、痛みも全くなくなりました。今まで20年近く苦しんできたのは、なんだったのかと思いました。

もっと早く、子宮線筋症について知っていれば、毎月苦しまなくて済んだのにと思います。ホルモンバランスが崩れていると、娘にも私と同じ苦しみを味わわせることも勉強しました。

この講座に出会えて、本当にありがとうございました。

続木和子の画像 続木和子からの補足コメント

ピルや合成ホルモン療法は、一層ホルモンバランスを崩します。

それは、ピルや合成ホルモンは、人の体のホルモンとわざわざ分子構造を変えてあるためです。


>> 【生理痛・子宮内膜症改善講座】の詳細はこちらをクリック!

子宮生理痛・内膜症改善プログラム - 価格キャッシュバック
生理痛・子宮内膜症が治った女性たちの画像